2007年採集日記  2008年採集日記  2009年採集日記  2010年採集日記  2011年採集日記

TOP > 2009年採集日記


   

    

     〜 2009年 採 集 日 記 

    

00853.gif 

 2009年11月28日 ずっと曇りで見やすかったかも

ナベ  ダイ

 

  中潮  1時35分(115cm) 6時55分(80cm)  13時5分(135cm) 20時00分(40cm)

 

 今年18回目 今シーズン最終採集。ナベ氏が初モノ!

 

 どういうわけだか、シーズン終わりになって、黒潮が接岸している!!これはチャンスではないか?と、期待して、某磯へドボン!

 1ケ月前とは水温が前回よりも高く、まだまだいける感じ。また、水が透き通っていてよく見える!1ケ月前とはずいぶん違うなぁ〜と、黒潮の影響を感じながら魚を探すが、お目当ての魚はいない。いない。ナミチョウ、トゲチョウ、フウライを数匹みただけ(だったかなぁ・・・・汗。書いているのが年明けの1月下旬だもんで・・・)。そんな中、ナベ氏は、初めて見た赤い魚がいた!とキンメダイ幼魚のような魚を採集!採るところを近くで見ていたが、難なくさくっと採れていた。磯にから上がってよく見ると、ほんとにキンメダイにそっくり!!キンメダイは水深数百メートルにいるんじゃなかったっけ??と話しながら、もしそうだとしたら、もの凄いレアモノなんじゃないかと盛り上がった。その後、図鑑で調べてみると、キンメモドキ!!なる魚がいるではないか!!知らなかったぁ。大きさも6cm程度で、房総半島にも生息・・・・。この魚で確定。群れているようだけれども、2002年から潜っていて、初めて見た魚。それも1匹だけ。あまり注目はされないけれど、房総ではレアモノなんではないだろうか?

 自分は、水中では黄色と黒が目立って阪神タイガースのような魚!と思って、ハタンポのような魚を難なく採集。水中では目立ったんだけどなぁ〜と思いながら、結構地味だった魚を撮影。

 2匹とも撮影後にもといた海にお帰りいただいて、今年の採集は終了。黒潮が接岸していて水温は高く、まだまだいける感じだったけれど、新着の魚がいないので、これ以上採集するのもなぁ・・・・という感じで、来年の黒潮に期待して終了。

 

 自分たちの目の前に現れてくれた魚達と、遊んで頂いた皆様、そして温かく迎えてくれた海に感謝しています。

  採取された魚  ※かっこ内は採取した人   

 

 

 初モノ!!キンメモドキ(ナベ)

 ハタンポの仲間?(ダイ)

祝!キンメモドキ!目が美しい!

20091128-3.jpg

 

ハタンポの仲間

20091128-2.jpg

  見かけた魚のうち、特に気になった魚 

 

<磯>

 特になし

 

 

Yahoo!検索

dot_gray1.gif

  

 

 2009年10月24日 ずっと曇りで見やすかったかも

ナベ  ダイ

 

  小潮  1時40分(30cm) 9時00分(120cm)  13時25分(100cm) 18時50分(135cm)

 

 今年17回目 ベラDAY!クロヘリイトヒキベラ(?)ホンソメワケベラ

 

 先週ミゾレチョウチョウウオを採れなかったのがあり、実は、今日も、再度の新しいウインドウで開くミゾレチョウチョウウオへのチャレンジ!新しいウィンドウで開くツキチョウチョウウオの採れた場所をもう一度探しながら、ミゾレポイントに向ってがドボン!

 今週も水温は低く、18度・・・・。あと、天気予報とは現地が違って波と風が結構キツイ(汗)潮が引かない日だったので、波に翻弄されてミゾレポイントまでたどり着けなさそうで、途中で断念。仕方がないので別ポイントで採集をする。

 自分はくまなく見ていたつもりだが、波に翻弄されることが多く、かなり採集意識が下がっていて、特に何も見つけられず。そんな自分とは違い、ナベ氏は、新しいウィンドウで開くクロヘリイトヒキベラ(体側面に青く光るスジがないため、現在、種類調査中)を2匹採集してさらにもう1匹大きな岩の下にいるよ、と。年に1匹採集できればいいようなベラをまとめて採集だなんて、素晴らしいです。

 自分は、ナベ氏が欲しいかもと言っていた新しいウィンドウで開くホンソメワケベラを横取りし計2匹採集。

 

 結局、今日は、ナベ氏が採集したクロヘリトヒキベラを1匹里子にもらい、ホンソメワケベラ1匹がナベ氏のもとに里子にいきました。もう1匹のホンソメワケベラは撮影後海にお戻りいただいました。

 

次回、チャンスがあれば、ミゾレチョウチョウウオの採集に行きたいなぁ。

 

 そういえば、水温が低い・・・。

  採取された魚  ※かっこ内は採取した人   

 

 

 クロヘリイトヒキベラ(ナベ)

 ホンソメワケベラ(ダイ)

 

 

祝!クロヘリイトヒキベラ×2

20091024-1.jpg

 

ホンソメワケベラ×2

20091024-2.jpg

  見かけた魚のうち、特に気になった魚 

 

<磯>

 特になし

 

 

Yahoo!検索

dot_gray1.gif

  

 

 2009年10月18日 時折太陽が顔出した

ダイ

 

  大潮  4時25分(155cm) 10時10分(65cm)  16時00分(160cm) 22時35分(15cm)

 

 今年16目 ミゾレチョウチョウウオに雪辱戦・・・完敗

 

 昨日のミゾレチョウチョウウオが忘れられなくて、午前中だけでも・・・と何とか時間をさいて、昨日のミゾレ発見ポイントにドボン。

 今日は、昨晩結構雨が降って濁りが出ていたのと、その濁りの粒子に太陽の光が反射してしまい、水が濁っている割にはキラキラして非常に見づらかった。そのため、チョウをほとんどみることできず、当然、ミゾレチョウチョウウオに会うこともできず、短時間採集は終了。

 

 そういえば、よく逃げるといわれるミゾレチョウチョウウオは同じ場所に居つくのかなぁ?

 

  採取された魚  ※かっこ内は採取した人   

 

 

 特になし

 

 

特になし

 

  見かけた魚のうち、特に気になった魚 

 

<磯>

 特になし

 

 

Yahoo!検索

dot_gray1.gif

  

 

 2009年10月17日 ずっと曇りで見やすかったかも

ナベ  ダイ

 

  大潮  3時40分(160cm) 9時35分(60cm)  15時30分(155cm) 22時00分(30cm)

 

 今年15回目 ようやく見つけたツキチョウ!ヤンセンニシキベラも?

 

 今日は、ナベ氏の提案により少しの新規開拓をすべく朝9時からドボン!

 水温がかなり下がっていて、すでに20度を切っている・・・。今年はもうシーズン終わりじゃないのかという気持ちがちらほらしながら、気になっている場所へ。水温が冷たく、天気も曇り空で日差しがないので温かみがない。(後で気づいたことだが、若干濁りがあったため、太陽が出ていなくてよかったのかも。太陽が出ていると濁りのもとの粒子に太陽光が反射してしまい、キラキラして魚がよく見えない。チンダル現象?)水が冷たかったので、いつもなら体を動かして強制的に発熱させてあったまるのだが、今日は、静かに波に身をまかせて漂ってみた。一通り回ったところで、中層をビュンーと泳ぐ1匹のチョウを発見!!流れ身をまかせる自分に気づいて、急に進行方向を変えて大きな岩の向こうに行ってしまった1匹のチョウを発見!!「新しいウインドウで開くミゾレチョウチョウウオだ!!間違いない!!」と、急いで岩の向こうを見るもチョウの姿はいない。海藻も多く、大きな岩がゴロゴロしているため、逃げる場所はたくさん。こちらからすると、非常に採りづらい場所(汗)せっかく見つけても採るのはかなり厳しいなぁ・・・と思いながら、周辺をウロウロ・・・その間新しいウインドウで開くクギベラと遊びながらミゾレチョウチョウウオ探すが、全く見つけられない。

 3〜40分探すも見つけられず、他の場所も見たかったので、探索打ち切り。どうしていたらミゾレが採れてたのか、どうすればあの場所でチョウを採集できるのか・・・・等々考えながら、場所をずれる。

 ずれた場所で気持ちを入れなおして採集活動をするが、こちらには特に目ぼしい魚はいない。また少し場所をずれようと、ナベ氏と陣地に向かう途中、一回ミゾレチョウチョウウオがいた周辺を見回して、「特に変わらない海なのに。あの辺にミゾレチョウチョウウオがいるのに、見つけられないんだ・・。」と、海の偉大さに完敗宣言した。

 で、その陣地に向かう途中に「?????」を発見。「尾筒が黒っぽいナミチョウが岩の下に入った・・・・う〜ん・・・・あれくらい尾筒が黒いナミチョウもいるなぁ・・・・う〜ん・・・」と、しばし、考えるが、ともかく確認てみよう、と、岩の下を覗くがいない。「????どこにいったかなぁ・・・」と岩をずらしたりするが見当たらない。「いなくなったかぁ・・・・ん!・・・いたっ!!」もう1つ手前の岩の下にナミチョウだかなんだかよく分からないけど、とりあえず採ってみよう!と網を構えた時に「ツキチョウ?」と思い始め、数メートル先の陸地で休んでいるナベ氏に「ツキチョウチョウウオっぽい」と救援を要請。近くに巨大な岩があったので、そちらに逃げられたらおしまいなので、そっちに逃げられないように協力体制。その途中にツキチョウチョウウオだと判明し、そして、2人ががりでなんとか網に入れた。念願のnewwinicon.gifツキチョウチョウウオを採集!!newwinicon.gifアミチョウチョウウオを採集した時と同じように「よっしゃぁぁぁぁぁ!!」またまた嬉しかった!ミゾレチョウチョウウオを採集できなかった悔しさはどこかへ行ってしまっていた。

  その後、またずれた場所を探す目ぼしい魚はおらず、結局、自分はツキチョウチョウウオと、ツキチョウチョウウオとよく似ているナミチョウ(曇りだったせいもあって、水中では尾筒の黒点でしか判断できなかったを、比較撮影用に採集して終了。ナミチョウは撮影後は海にお戻り頂いて、ツキチョウをお持ち帰り。

 ナベ氏は、自分がミゾレチョウチョウウオと闘っているときに、「いつも見るnewwinicon.gifハコベラとは少し違うベラがいた」と上唇が白いベラがいた!と、謎なベラを採集していた。上唇が白いから持って帰るとナベ氏は持ち帰り、後で調べてみたら、初物!ヤンセンニシキベラと思われる(推定)。7年間潜って、初めて発見したベラ。自分はてっきりハコベラの幼魚かと思っていたので、ベラの奥深さに感服。どこか違うという漠然とした印象で、極小ベラを見分けたナベ氏に感服。

 

 満足の行く結果になって嬉しかった。「どこかにレアチョウはいる。それが見つけられていないだけ。最後までしっかりと探そう」というのを、以前、ナベ氏が採集したアミチョウチョウウオもそうだった、とナベ氏と再確認した。

 

 そういえば、ウリクラゲが大量発生してたのと、エチゼンクラゲの死骸がたくさん沈んでた。

  採取された魚  ※かっこ内は採取した人   

 

 

 ダイの初モノ!ツキチョウチョウウオ(ダイ)

 初モノ!ヤンセンニシキベラ(推定)(ナベ)

 

 

祝!ツキチョウチョウウオ

20091017-5.jpg

 

こちらはナミチョウ

20091017-2.jpg

 

祝!ヤンセンニシキベラ!(推定)

20091017-3.jpg

 

上唇が白い

20091017-4.jpg

  見かけた魚のうち、特に気になった魚 

 

<磯>

 クギベラ

 

 

Yahoo!検索

dot_gray1.gif

  

 

 2009年10月12日 基本的に曇り

ナベ  ダイ  マサ

 

  小潮  4時15分(50cm) 13時20分(115cm)  16時25分(115cm) 21時00分(120cm)

 

 今年14回目 ダイが巨大キンギョハナダイ!!サザナミもいた!

 

 昨日の自分の提案が、皆の期待を裏切ってしまい、マサが不完全燃焼。意気消沈モードの中、マサの行きたい場所にGO!この場所は、今年初の場所。ボチボチ実績のある場所だったので、昨日の採集結果を忘れて気合いを入れてドボン。

 昨日とは違い、チョウが結構ウロウロしてる。ナミ、トゲ、フウライ、チョウハンとあちこちで目にする。これは、レアチョウも期待できる!と、飽きないであちらこちらを探索。そしたら、岩の陰に「金魚!!?」と思われるような立派なキンギョハナダイを発見!!これは採らなきゃ!!と気合いをいれて望む。先日発見したキンギョハナダイ同様、近づくとさっと穴に入ってしまう。逃げ込んだ穴を覗くも見当たらない。少し離れた場所に身を隠してしばらくすると挑発するかのように出てきては穴に入る。まずは、あの穴をふさがなきゃ、と思い、岩の陰に隠れてキンギョハナダイが穴から離れるのを待つ。息もひそめ静かに気合をおさえてじっとしてたら岩と同化できたのか、キンギョハナダイが穴から離れた所にヒラヒラ漂い始めた。これはチャンス!と思い、まず穴を網でガード。その網に追い込むようにしたら、穴の上の棚に逃げ込んだ。棚を覗くと立派なキンギョハナダイ500円玉くらいの大きさのサザナミヤッコがいた!サザもいたんだぁ〜(笑)とニヤつきながら、この棚ならまず採れるだろうと、すでに楽勝気分。棚が深くないし、小さな穴ポコもない。優先順位はキンギョハナダイ>サザサミヤッコと心に決めて、棚から追い出すと出てきたのがキンギョハナダイ。想定内の動きで巨大キンギョハナダイを採集!!採れてよかった。サザは置いておいて、とりあえず、近くにマサがいたので、キンギョハナダイ採ったと報告すると、マサ「それ見たよ!」・・・ダイ「???見て、採らなかったの?」・・・マサ「穴に入ったけど、ダイチャンがあっちにいたのでついて行こうと思って、後にしたよ」・・・ダイ「採らなきゃぁ!!自分なんかよりもっと大切な魚だよ!キンギョハナダイは普通、いたら必ず採るよ!恐るべしマサ!」・・・・マサ「そうなんだ。知らなかった。」さすが、目の肥えている冷静なマサだった。でもその後・・・ダイ「キンギョハナダイの上の棚にサザナミヤッコいたよ」・・・マサ「えっ!えっ!!!」と急いで探しに行った(笑)マサの急変ぶりが面白かった。

 結局、サザナミヤッコは小さな縦に深い穴に逃げ込まれ、警戒してなかなか出てこなかったので、採集できず。

 その後、あちこち見てマサはフウライ、チョウハン、今年初!ミツボシクロスズメダイを採集してた。お目当てのキリンミノカサゴが見つからなかったよう。自分は、久々のサザナミハギを採集して終了。お持ち帰りはマサがチョウハン、フウライで自分はキンギョハナダイ。ミツボシクロスズメダイとサザナミハギは撮影後海にお戻り頂いた。

 昨日とはチョウの数も魚の数も全く違い、採集を楽しめた。偉大な海に感謝。

 

 そういえば、小さなチョウはほとんどいなかった。

  採取された魚  ※かっこ内は採取した人   

 

 

 巨大キンギョハナダイ(ダイ)

 フウライ(マサ)

 チョウハン(マサ)

 今年初!ミツボシクロスズメダイ(マサ)

 今年初!サザナミハギ(ダイ)

 

 

巨大キンギョハナダイ!

20091012-2.jpg

 

今年初!ミツボシクロスズメダイ

20091012-3.jpg

 

今年初!サザナミハギ

20091012-4.jpg

  見かけた魚のうち、特に気になった魚 

 

<磯>

 特になし

 

 

Yahoo!検索

dot_gray1.gif

  

 

 2009年10月11日 ものすごいよく晴れた

ナベ  ダイ  マサ

 

  小潮  3時00分(30cm) 11時10分(120cm)  14時25分(115cm) 19時50分(135cm)

 

 今年13回目 ナベダイマサで新規開拓!!そして惨敗・・

 

 今日は、自分の提案で、以前から気になっている磯を新規開拓。新規開拓にマサがいるとなぜだか心強い!張り切っていたのは自分だけだったが、それはともかく新規開拓の磯に到着。新規開拓の磯は、だれもポイントをしらないので、運と技術で成果が違うことになるため、皆、ドキドキしながらのドボンだったと思う。(磯に潜る前にドキドキしていたのは自分だけだったのかもしれないけど)

 ドボンしてしばらくウロウロするも、全くチョウを見ない。珍しそうなベラも見ない。やけに大きなウミタナゴ、クロダイがボチボチ。海藻の陰に1.5mくらいのサメ。海底に寝そべって動かないサメで、人喰いでななさそうなので、少し観察。チョウは全く見ることができなかった。マサに何かいた?と聞いてみるも、「ナミ、トゲ、フウライを数匹くらいで、後はサメがワラワラ(汗)・・・水深1mくらいのところを前向いて魚探してたら、1.5mくらいのサメとばったり出くわし、目があった!!」ビビることを知らないマサがビビってた!!ビビってたマサと行動を共にし採集するが、ほんといない。ようやく見つけた網を出した魚がブリブリに太ったクラカケモンガラ。難なく採れて一応キープ。そして、ナベ氏と合流。ナベ氏も全く魚がいない、と同じ結果。

 昼食を食べて、休憩して、気合い入れなおして、少し場所を変えてじっくり潜るも、チョウはほとんど見ない。ナミ、トゲ、フウライを数匹程度・・・・。ここの磯ははずれだったか・・・予想外の魚の少なさ。マサも同じで「次、ここの磯に来るかなぁ・・・」とさみしい言葉。ナベ氏は、気になる魚はおらず、採集した魚はなし。ただ、水深4mくらいの所にある4畳半くらいのイケスのようなところに1.5mくらいのサメが4匹いて、上からのぞいたのがとても楽しかった、と。あと、房総ではあまり見られない大きさのブダイを見れて、楽しかったと。

 結局、マサがブリブリに太ったクラカケモンガラを持ち帰りのみ。チョウのお持ち帰りはなし。次、この磯にくるのもないかも。海に入る前のドキドキ感はなんだったんだろう・・・。

 

 そういえば、誰がレアものを採るかなんて話してたなぁ・・・。レアものどころか魚いない。

 そういえば、3人で図鑑で調べたけれど、サメの種類が特定できず。誰か1.5mを採らなきゃ。

  採取された魚  ※かっこ内は採取した人   

 

 

 クラカケモンガラ(ダイ)

 

 

とりあえずのクラカケモンガラ

20091011-1.jpg

  見かけた魚のうち、特に気になった魚 

 

<磯>

 1.5mのサメ

 

 

Yahoo!検索

dot_gray1.gif

  

 

 2009年10月10日 基本的に曇りで、午後海から上がって晴れた

堤防と磯

ナベ(磯)  ダイ(堤防)

 

  小潮  1時55分(20cm) 9時20分(125cm)  13時25分(110cm) 19時00分(145cm)

 

 今年12回目 ダイは堤防、ナベは磯!

 

 今日は私は午前10時から仕事だったので、家族が寝静まっているところを一人起きて、早朝に堤防を見回り。ナベ氏はその後、磯で今年初のソロ採集活動。

 自分の成果は、全く網を入れていないため、ゼロ。限られた時間の中、数か所の港を回るが、見たのはトゲチョウ1、フウライ2、ハタタテダイが10弱、ツノダシ1。どれも手だしできないくらいだったので、「今日はやめておこう」と捨てゼリフを吐いて終了。ハタタテダイの中に、シマハタはいなかった。

 その後、磯で採集始めたナベ氏は、水温の低下に耐えながら、ナミチョウ数十匹、トゲチョウ2、フウライ7、チョウハン10を見ながら、ブチススキベラハコベラを採集したと。なぜだかチョウハン(それも大きな個体も含む)が多かったと。あと、1mくらいのサメにも遭遇したとのこと。襲ってこないサメだと知りつつも、近くに1mのサメがいるとビビります。

 あと、ナベ氏のソロ採集活動もビビります。レアモノを採集したんじゃなかろうかと思って、仕事がてにつきません。

 

 そういえば、ハコベラは2〜3年ぶりかも。

  採取された魚  ※かっこ内は採取した人   

 

 

 今年初!ハコベラ(ナベ)

 

 

今年初!ハコベラ!

 20091010-1.jpg

 

  見かけた魚のうち、特に気になった魚 

 

<磯>

 2年ぶりのクギベラ(ダイ)

 

 

Yahoo!検索

dot_gray1.gif

  

 

 2009年10月4日 基本的に曇りで、午後から暑いくらい晴れた

磯採集

ナベ ダイ 

 

  大潮  4時45分(150cm) 10時45分(55cm)  16時40分(150cm) 23時00分(35cm)

 

 今年11回目 今日は今年初のクロヘリイトヒキベラ

 

 今日は午後からお仲間の方々からお誘いがあったため、午前中のみのドボン。

まず、潮が引いているうちに見ておきたいところにナベ氏と共に行った。昨年はコブダイの幼魚がいたポイントだが、さすがに今年はいない。こまめに見て回るが、いないなぁと思っていたところ、戦闘態勢のナベ氏を発見。とりあえず、何を狙ってるのかを横でじっくり拝見。他人の網裁きを見ることはなかなかなく、いい勉強の機会でした。で、ナベ氏に聞くといい大きさのキンギョハナダイがいるけれど、すぐ穴に逃げ込まれてしまい、深いしどうしようもないとのこと。ナベ氏の後、自分も戦闘態勢に入るが、結果は同じ。すぐ穴に逃げ込まれてどうしようもできない。しばらく粘るが太刀打ちできず、諦めて次のポイントへ行く。

 次のポイントはニセフウライを見たとこでもあり、慎重に探すが、さすがにこれも今年はいない。それでもグルグルまわっていると、ゴミのように漂うブチススキベラを発見!!以前、ナベ氏が採ったことがあるが、自分はまだ採集していない種類だったので、すぐに戦闘態勢に入る。網を出すと「スッ〜スッ〜 ピュッ!」とゴミの様に漂いながら時折素早く動き、うまい具合に逃げる逃げる(汗)海藻に逃げ込んだところを海藻ごと採ろうと思っても、うまい具合に逃げる逃げる。そんなこんなで見失っては見つけてを繰り返し、なんとか採集!!自身初のブチススキベラ!!その後、完全にゴミだと思って通り過ぎていたゴミは実はブチススキベラだったという驚きの事件を経て、何やら白いものが石の上にいるのを発見!もしや、さされると病院送りになるサツマカサゴを発見!胸鰭が鮮やかで、やはりサツマカサゴだと確定。刺されることのないように採集。以前から時折発見はしていたが、大きな個体が多くこのサイズは初めて。写真撮影のためにキープ。撮影後海にお戻りいただいた。

 その後、次のポイントへ行くと「白い点が動く」のを発見!!口もとの白い点が美しい今年初のクロヘリイトヒキベラ!!これは採らなきゃなと、気合い入れて戦闘態勢に入り、少々遊ばれるもなんとか採集。祝!今年初のクロヘリイトヒキベラ!!

 その後、まだきちんと発色していないアケボノチョウチョウウオを発見!!ナベ氏も、アケボノは小さくてもきちんと発色していないのは、見たことがないということで、これも撮影用にキープ。撮影後海にお戻りいただいた。

 ナベ氏は、時に目ぼしいものがいないということで、イソギンチャクカクレエビを採集して、時間になったので、撤収して集合場所へ行く。 

 

 大勢の皆様、遊んで頂きましてありがとうございました。ナベ氏共々感謝しております。

 

 そういえば、指摘されて分かったけれど、ベラばっかり採ってる。

  採取された魚  ※かっこ内は採取した人   

 

 

 ダイの初モノ!ブチススキベラ(ダイ)

 今年初!クロヘリイトヒキベラ(ダイ)

 毒魚!サツマカサゴ(ダイ) 4cmくらい

 発色前のアケボノチョウチョウウオ(ダイ)

 イソギンチャクカクレエビ(ナベ)

 

ダイの初モノ!ブチススキベラ!

20091004-3.jpg

 

今年初!クロヘリイトヒキベラ!

20091004-4.jpg 

 

一発病院送りのサツマカサゴ

20091004-1.jpg

 

サツマカサゴの胸鰭の裏側の色

20091004-2.jpg

 

きちんと発色していないアケボノ

20091004-5.jpg

  見かけた魚のうち、特に気になった魚 

 

<磯>

 2年ぶりのクギベラ(ダイ)

 

 

Yahoo!検索

dot_gray1.gif

  

 

 2009年9月26日 基本的に曇りだけど途中少し晴れ

磯採集

ナベ ダイ 

 

  小潮  3時00分(50cm) 11時40分(110cm)  13時20分(110cm) 19時40分(130cm)

 

 今年10回目 祝!レアモノ!ダイ採集のアミチョウチョウウオ

 

 数日前に南紀遠征から帰ってきたものの、今日はこりずに房総採集。いつものとおりナベ氏と待ち合わせてドボン。南紀の記憶が残っており、南紀よりやはり水が冷たい!海況速報では水温は23〜4度だけど、それ以上に冷たい気がした。台風の影響の後で、少しは魚が増えたりしてるのかなぁ〜と思ったけれど、特に変化なく少ない。(ちなみに、1日で見た数は、ナミは大きめのサイズが10匹程度。トゲが数匹。フウライはよく見かけたと思ったけれど、それでも20匹は超えていない。アケボノ、セグロは0匹)

 そんな中、いつもここは見ておかないとと思っているポイントに行ってみると、ナミチョウと一緒にアミチョウチョウウオ発見!!ついに自分の順番が回ってきたか!と、周りの状況を見ながら戦闘態勢を整える。海藻の森に逃げ込まれてはいけない、深い方に逃げられては面倒だ、と、状況を把握しながら網を構えたら、「あれっ?いない!(汗)」不覚にも目をそらした隙に、逃げられてしまったよう・・・・(この時午前10時9分)。「せっかく会えたレアチョウなのに・・・」と落胆気味になったが、某採集達人から、「諦めない心が肝心!」と言われたのを思い出し、「大丈夫、大丈夫、きっとこの辺りにいるはず」と思い、まず見つけた場所の周辺をくまなく探索。その後、静かに周辺をグルグル回るが見当たらない(この時10時35分)。少し広範囲を探索しようとまたグルグル探索するが見当たらない(この時10時50分)。さすがにもうダメかなぁ・・・・と諦めかけたところ、「ダメでもともとだなぁ」と、最初に見失った場所の岩の隙間、石に間に海藻の茂み等を徹底的に探索、「やはり、いなかったかぁ・・・」と思ってふと周りを見た瞬間!黄金に輝く魚が「いたっぁ!!アミチョウ!」周辺をグルグル回っていて地形が頭に入っていたため、「この方向に逃げられても何とかなる」という考えで頭が確定、採りやすい方向に、逃げられても大丈夫な方向に網をさっと構え、石の下に逃げ込んだ所を手で追い込むように採集!「よっしゃぁぁぁぁぁ!!」久しぶりのレアチョウ採集だったため、ものすごい嬉しかった!携帯イケスにいれて、寄り道をすることなく、手に携帯イケスを持って、陣地に無事帰還。休憩中のナベ氏に「ようやくやりました!アミチョウ!」と報告すると、短いけれど非常にありがたい言葉「オメデトウ!」を頂いた(この時午前11時10分)

 1時間の格闘の末、初のレアチョウ、アミチョウチョウウオを採集!!ナベ氏と話したところ、自分のレアチョウ採集は2003年のシラコダイ以来6年ぶり!!周りの仲間がレアチョウを採っていたので、自分も採っていたように思ったけれど、自分はあんま採っていなかった・・・見ていただけだった。

 アミチョウは、飼いやすい大きさに育っていたので、最近流れついたものではなく、いままでずっと採られずに残っていたんだろう、というナベ氏との話になり、また嬉しさもひとしお!!また、ナベ氏から、この不作の年に、アミチョウの噂は聞いていないから、さらに凄いことだよ、という称賛の言葉を頂いて、さらに嬉しさ倍増!!ともかく、採れてよかったぁ〜(笑)うちには昨年、ナベ氏から頂いた南紀産アミチョウが今も元気にいるため、房総産アミチョウはナベ氏の水槽に行くことになった。

 その後も見つけられなかったレアチョウがいるのでは!と期待してあちこち潜るがレアチョウの追加なし。自分は、今年も採れたムラサメモンガラ模様がイナズマ状になっているトゲチョウハナハゼクロユリハゼを採集して終了。

 ナベ氏は水槽に馴染まない魚のために、小さめのフウライと台風で流れついたばかりと思われる極小ホンソメケベラを採集。極小過ぎてお持ち帰りできないので、撮影後、海にお戻り頂いた。(極小ホンソメは計5匹発見!)

 結局、魚は少なかったけれど、少しは魚が流れ着いている気配を感じ、次週に期待しながら終了。

 

 そういえば、最初は水が冷たいと思っていたけれど、最後はそんなに冷たくなかったと思われた。単に慣れてきただけなのか、嬉しさで寒さを感じなかったのかはよく分からない。

  採取された魚  ※かっこ内は採取した人   

 

 

 今年初!アミチョウチョウウオ(ダイ)

 今年初!ムラサメモンガラ(ダイ)

 今年初!ホンソメワケベラ(ナベ)

 クロユリハゼ(ダイ)

 ハナハゼ(ダイ)

 

レアモノ!アミチョウチョウウオ!

20090926-1.jpg

 

イナズマ模様のトゲチョウ

20090926-2.jpg

 

今年初!ムラサメモンガラ!

20090926-3.jpg

 

今年初!極小ホンソメワケベラ!

20090926-4.jpg

 

クロユリハゼ

20090926-5.jpg

 

ハナハゼ20090926-6.jpg

  見かけた魚のうち、特に気になった魚 

 

<磯>

 尾びれが白黒のテングハギ系の魚 (ナベとダイ)

 

 

Yahoo!検索

dot_gray1.gif

  

 

 2009年9月12日 曇っていて、突然の気持ちいいぐらいの大雨!

磯採集

ナベ ダイ 

 

  小潮  3時15分(40cm) 11時20分(110cm)  13時25分(110cm) 19時55分(140cm)

 

 今年9回目 今年初のキンギョハナダイ

 

 今日はナベ氏提案の「今年は魚が少ない、といってもなんだかんだ毎週潜れていることに感謝採集」。と、レアチョウがなかなかおらずテンション下がり気味なのを盛り上げるために企画。と言っても、何をするわけではなく、お互いに感謝の気持ちを再確認。

 で、明日は海が荒れる予報だったため、午前中が勝負かなぁと今年2度目の磯にドボン。

海藻が多いなあ〜・・おっと、これはチョウが安全に暮らせる環境か、感謝感謝。流れ着いたばっかりのチョウハンっぽい飼えない大きさのチョウを採集・・・よく流れ着いてくれたなぁ、感謝感謝。なかなかチョウがいないなぁ・・・何に感謝すればいいんだ??と考えながら採集。魚が少ないなぁと思っていた時に、同業の方にごあいさつして、海の中でナベ氏も含め3人でしばし情報交換。「サザナミヤッコいたよ」との、うらやましい言葉も聞けた。「話しててもレアチョウ採れないから、潜りましょうか(笑)」と、気持の良い別れ言葉を頂き、解散してまた採集を続けた。

 そしたら、目の前に極小のキンギョハナダイ!昨年は会えなかったから、嬉しさ大盛り!小さい穴に入られた終わりだなぁ、と思い、下からすくうようにしたら、難なく採集!祝!今年初のキンギョハナダイ!採れた事に感謝感謝。

 その後、突然の大雨に降られながらの採集。魚がおらず、陣地に帰る途中、何気なく穴ポコをのぞいたら「いたっ!!サザナミヤッコ!小さいなぁ〜」今年も来てるんだぁ・・・見れたことに感謝感謝、で終わることはなく、網を構えた。ようやく3本線になったばかりの個体で、水中では大きく見えるけれど、たぶん、スイカの種ぐらいの大きさ。小さな穴を出入りし、ふらふらと逃げ回り、最後にはアリの巣のような穴ポコに逃げ込んで、サザナミヤッコの勝利!見れたことに感謝感謝になってしまった(涙)。採れても飼えないけど・・と、捨てゼリフをはいて撤収。

 ナベ氏は特に気になる魚はいなかったようで、採集技術上達のためでキヘリモンガラなど採っていた。

 

 その後、先ほどの同業の方と、今度は陸地で情報交換。採れたサザナミヤッコを見せてもらったら、5cm近い立派な個体!自分と同じ場所で極小のキンギョハナダイも採集されてた。その節はいろいろとありがとうございました。

 (Koさん、書き込み&情報ありがとうございました。感謝感謝)

 

 そういえば、ナベ妻が一昨年採集した極小キンギョハンダダイは極大キンギョハナダイになったと。

  採取された魚  ※かっこ内は採取した人   

 

 

 今年初!キンギョハナダイ(ダイ)

 

今年初!キンギョハナダイ!

20090912-1.jpg

  見かけた魚のうち、特に気になった魚 

 

<磯>

 今年初!サザナミヤッコ (ダイ)

 

 

Yahoo!検索

dot_gray1.gif

  

 

 2009年9月6日 ずっと曇りだった

磯採集

ダイ マサ トカ 

 

  中潮  5時30分(155cm) 11時45分(40cm)  17時50分(150cm) 23時55分(45cm)

 

 今年8回目 今年初のマサ・トカ! 波が高く残念な結果。

 

 昨日は、レアなチョウチョウウオなんだかどうか分からないものが採れて、今日は種類がレアなチョウを!と思い、今年初のマサ・トカと、今年初の磯にて採集。この磯は、毎年1度か2度行く磯で、欠かすことができない期待が高い磯。その期待が裏切られ、今日は波が若干高い中で、少しばかりの採集で終了。

 自分はまず、昨年と同じコースを巡回。ナミチョウ、フウライはボチボチみられた。去年、ニセフウライが見られた場所をチェックするも、いない。今年はここの磯もチョウは少ないかぁ・・・と陣地に帰ろうとしたら、ソラスズメの中に色が濃いスズメダイ!背びれの黒マル●を確認して、2年ぶりのナガサキスズメダイ確定!とりあえず、採っておかないと、ということで網を構えるが、ソラスズメとは全く違う動き。1匹だけ別の方向に逃げ、ちょこまかちょこまか逃げ回る。やっぱり、動きが違うなぁ〜(笑)と2年前の格闘を思い出しながら、楽しみながら、なんとか今年初!ナガサキスズメダイを採集!採集してたら波が高くなっており、そそくさと退散。

 マサは、昨年この磯で悔しい思いをしたので、リベンジ!に燃えていたが、魚が少ないねぇ〜と残念顔。目標の魚は、レアチョウではなくキリンミノカサゴだったよう。粋な魚を探しているねぇ(笑)

 トカは、持参した最新!水中カメラを陣地において採集活動。今年は勝ち組になれなかったけれど、名前を知らないで採集したカニがスベスベマンジュウガニと聞いて、面白い名前だなぁ〜と最新!カメラで撮影。スベスベマンジュウガニが「毒ガニ」だと聞いてさらにアップで撮影(?)。

 

 そんなこんなで、もう一度来たいなぁ〜と解散。次、がんばりましょう!

 

 そういえば、スベスベマンジュウガニの模様は微妙に左右対称ではなかった(マサ談)

 そういえば、マガキガイをメインで飼いたかったんだなぁ(トカ談)

 

  採取された魚  ※かっこ内は採取した人   

 

 

 今年初!ナガサキスズメダイ(ダイ)

 スベスベマンジュウガニ(トカ)

今年初!ナガサキスズメダイ!

20090906-1.jpg

 

スベスベマンジュウガニ(別個体)

20090906-2.jpg

  見かけた魚のうち、特に気になった魚 

 

<磯>

 特になし 

 

 

Yahoo!検索

dot_gray1.gif

  

 

 2009年9月5日 よく晴れた、採集日和

磯採集

ナベ ダイ

 

  大潮  4時50分(155cm) 11時15分(35cm)  17時30分(145cm) 23時25分(50cm)

 

 今年7回目 祝!レア種じゃないけど、採れた!チョウはいない。

 

 先週、レアなチョウチョウウオが採れたという情報があり、今週は久々に気合いが入り「今日こそは採れるかも!」っとつぶやいて採集活動。昨年は行っていない磯だったので、さらに気持ちも盛り上がりドボン。

 久しぶりの磯だなぁ・・・ここの磯ではこれが採れた、あれが採れた、あんな出来事があった・・等々ナベ氏と話した後、いろいろ思い出しながら潜っていたら。おっ!!「りっぱなチョウハン」今年はこのサイズはまだ見てなかったので、景気づけにサクッと採集。よしよし、と採集を続け、サザナミヤッコが採れた場所は何もおらず、ここはチョウが多かったかな・・・と思っていたら「でたぁ!!」と、背びれ部分ががぶりと食われたようなチョウ!!「なんだこのチョウは・・・よくその体で生きてきたなぁ〜、このチョウはどう成長するのか是非飼育継続観察したい」と思い、気合いを入れて網を構えた。「まず、この大きな岩の下からあそこの窪みまで移動させて、網を構えて、サクッと・・」と、思うように進み、サクッと命名”ツノチョウ”を採集。採った瞬間に”ツノチョウ”と名付けてた(笑)。その後は携帯イケスの蓋が事故で開いたりしないように細心の注意を払いながら採集活動をするが、他に目立った魚はおらず、お昼ご飯。

 ナベ氏はレアチョウがおらず目ぼしい魚はいなかったぁ、ハートテールのニザダイがいたけど、岩に逃げられたとのこと。

 昼食中、イケスの中の”ツノチョウ”を見ながら撮影しながらナベ氏とツノチョウの体の特徴を確認。そうすると、採集した時は、幼い時に食べられてそれでも頑張って生きた個体かと思ったけれど、先天性の骨格異常の個体だろう、ということになった。(理由は、あれだけ食べられたら普通は死亡するだろう。背中まできれいにウロコが生えそろっている。ツノが前に向かって伸びていて、もし食べられたらそうはならないだろう)

 骨格の異常いえば・・・ハートテールのニザダイもいる!!ということで、昼食後、ナベ氏とリベンジに行った。

 「この辺かなぁ〜」と、ナベ氏と潜りウロウロ採集してたら、「こっちこっち」とナベ氏からの合図。見ると一生懸命にフラフラ泳いでいるニザダイがいた!!ナベ氏が予定通りサクッと採集。祝!ハートテールのニザダイ!!今まで採集してきて、ハートテールなんて見たことがなかった。やはり、尾びれがないと泳ぎが下手で、真っ直ぐ早く進むのができないらしく、フラフラフラフラしながら泳いでいた。そんな姿を水中で見させてくれたナベ氏に感謝。

 で、お互いになんだか不思議なレアモノを採集して、今日はレアモノなんだけど・・・で終了。自然界で生きていくのが難しそうな2匹を持ち帰り、あとは、海にお戻り頂いた。

 

 その後、チョウチョウウオにとって、背びれの役割って何だろうとナベ氏と話し、「あっ!ケンカだ!」という結論。ツノチョウは、ケンカ弱そうだなぁ・・・ということになった。

 

 そういえば、イケスの中でチョウハンにやられてた。

 そういえば、そういえば、当初のお目当てのレアチョウはおらず、チョウは少なかった。

 

〜追加情報〜

 帰りに堤防を見て回ったところ、今年初のハタタテダイを発見!!同じ堤防に3匹。来てるんだぁ

〜!と嬉しくなった。明日、今年初の採集となるマサ・トカに里子に・・・と思ったけれど、マサは、基本、自分の採集した魚しか飼わないからなぁ〜、トカは今、魚より大切なものがあるからなぁ〜と、網を出すことなく帰宅。

 

  採取された魚  ※かっこ内は採取した人   

 

 

 初物!命名”ツノチョウ”(ダイ)

 初物!ハートテールニザダイ(ナベ氏)

 チョウハン(ダイ)

 カノコベラ(ダイ)

初物!命名”ツノチョウ”!

20090905-1.jpg

横からみるとこんな感じ

20090905-3.jpg

上からみるとこんな感じ

20090905-2.jpg

 

初物!ハートテールニザダイ!

 20090905-4.jpg

  見かけた魚のうち、特に気になった魚 

 

<磯>

 特になし 

 

 

<堤防>

 今年初!ハタタテダイ  3匹 

 

 

Yahoo!検索

dot_gray1.gif

  

 

 2009年8月29日 よく晴れた

磯採集

ナベ ナベ妻 ダイ ダイ妻 ナル

 

  長潮  5時40分(55cm) 21時25分(125cm) 

 

 今年6回目 地味な初物!ゴマモンガラ採集!チョウはいない。

 

 あっという間に8月末。今日こそは!とナベ妻、ダイ妻、ナルも参加しての久々の磯、そしてドボン。

 先にナベ、ナベ妻がドボンしたが、目ぼしい魚はおらずとのこと。ナベ氏は久しぶりに見たと、ネズスズメダイを採集、今年初のナベ妻は、お久しぶりということで可愛らしい魚を採集してた。自分が後に続くが、見たのはナミチョウのみ。トゲチョウ、フウライすら見えず。その後、ダイ妻が後に続いたが、これまた目ぼしい魚はおらず。ナミチョウ5匹、フウライはボチボチみたよ、と数えられるくらい。いないかぁ。 

 それでも天気が良く、波も高くなかったので、ゆったりと過ぎゆく夏を楽しみながら採集&撮影。(2002年以来撮影していないイソスズメダイやらテンジクスズメダイやらを撮影。)

 今日もそろそろ帰ろうかという頃、黄色いモンガラを発見!!キヘリモンガラかなぁ・・・と思いながら尾筒の黒い帯を確認すると、黒帯がない。これは、ゴマモンガラ?と石の穴に逃げ込んだところを石ごと採集。網に石を入れて運んでたら、穴から出てきて難なく採集。2006年にある採集達人から頂いて以来、見たことがなかった初物!!ゴマモンガラ!!地味な魚だけれど、嬉しかった。

 あと、大きくなった個体はよく見るけれど、幼魚はあまり見ないイトフエフキも採集。頭が黄色くて水中では、かなり目立っていた。こちらも飼えないので、撮影後、お戻り頂いた。

 結局、初物はこれだけ。ゴマモンガラは2006年に頂いた子が現在ブリブリに育ち、うちでは飼えないので写真撮影後に海にお戻り頂いた。チョウハン、フウライも採集するが、これもお帰り頂いた。チョウハンは自分が採集したのだけれど、チョウハン好きのダイ妻に「これは私が見つけた、これは私が見つけた子」と終始アピールされた。あと、ナルはホンヤドカリには強くなり、イシダタミガイを採集してた。

 

 今日も海ではレアチョウに会えなかったけれど、堤防で採集されたというツキチョウを見せてもらうことができた。オレンジ色に輝いていてナミチョウとは明らかに違ったとのこと。2005年以来のツキチョウの幼魚をじっくり見させて頂き、ナミチョウツキチョウの区別はできるよう記憶の呼び戻しをさせてもらった。その節は、ありがとうございました。

 

 そういえば、ナベ氏がオジロスズメダイを採集してた。

 

  採取された魚  ※かっこ内は採取した人   

 

 

 初物!ゴマモンガラ(ダイ)

 イトフエフキの幼魚(ダイ)

 ネズスズメダイ(ナベ氏)

 オジロスズメダイ(ナベ氏)

初物!ゴマモンガラ!

20090829-1.jpg

こちらがキヘリモンガラ(2008年採集)

20090829-4.jpg

 

イトフエフキの幼魚

20090829-2.jpg

 

フウライとチビチョウハン

20090829-3.jpg

  見かけた魚のうち、特に気になった魚 

 

<磯>

 特になし 

 

 

Yahoo!検索

dot_gray1.gif

  

 

 2009年8月22日 ずーと曇りだった

磯採集

ナベ ダイ

 

  中潮  5時15分(165cm) 11時40分(25cm) 18時00分(155cm) 23時55分(50cm) 

 

 今年5回目 そろそろ!?・・・・いや、まだまだの大物DAY(涙)

 

 今週末は今年初の磯。今年はスロースタートというのは頭では分かってきたけれど、それでも、「そろそろ!!」と期待しても良いと思われる8月下旬。いつものとおりドボン。

 今日の磯でもナミチョウはボチボチ。3匹がまとまって逃避行動をとっているのも見かけられた。その他には・・・フウライを発見・・・・、トゲはいない・・・・以上。こんなですかぁ・・・と落胆しながら陣地に戻っていると「これはこれは、お食事中のところを失礼しました」と、メスはよく見るけれど、オスはあまり間近では見てないように思ったオハグロベラを発見。特に珍しい種類ではないけれど、背びれが伸びている写真をとっていないなぁと思い、網を構え採集。海藻の根元に隠れたところを難なく採集。

 その頃ナベ氏は、「ナミチョウとトゲしかいない、トゲは網に入れたけれど、携帯イケスに入れることなくもといたところにお帰り頂いた」と。

 少し期待していたが、今週もかぁ・・・・と、すでにあきらめモードの中、先ほど採集したオハグロベラのオスの写真を撮影し、海にお帰り頂いた。

 その後、少し場所を変えて潜るが、結果はほぼ同じ。自分は去年採集しなかったろサザナミヤッコがいた場所を見て、いないなぁ・・・。

 ナベ氏も死滅回遊魚については同じ。いないと。でも、「今日は大物DAY!」と景気づけて、普段、網を構えたりしない大物を採集していた。「キュウセンのオスとどちらにしようか迷った」と言いながら採集したのが(おそらく)セダカスズメダイの成魚。潜っていると黄色っぽく見えるブリブリのスズメダイ。幼魚は面白い魅力的な体色。よくぞ採りました!!これも、写真撮影して海にお戻り頂きました。

 

 結局、大物を2匹採集しただけで終了。まだまだ・・・。黒潮はどこへ行ったのか・・・。早く戻ってきてね。

 

 そういえば、セダカスズメダイの成魚には全くいなかったのに、オハグロベラのオスには寄生虫が多かった。

 

  採取された魚  ※かっこ内は採取した人   

 

 

 オハグロベラのオス(ダイ)

 セダカスズメダイの成魚(ナベ氏)

 

オハグロベラのオス

20090822-1.jpg 

 

セダカスズメダイの成魚

20090822-2.jpg

 

右上に見えるゴミみたいなのが寄生虫

20090822-3.jpg

 

寄生虫を拡大(火星人?)20090822-4.jpg

  見かけた魚のうち、特に気になった魚 

 

<磯>

 特になし 

 

 

Yahoo!検索

dot_gray1.gif

  

 

 2009年8月16日 よく晴れた

磯採集

ダイ ダイ妻 ナル

 

  若潮   6時50分(35cm) 15時40分(125cm) 19時00分(120cm) 23時50分(135cm)  

 

 今年4回目 祝!ダイ妻の潜り初め!

 

 昨日は自分勝手な採集DAYを頂いたため、今日はダイ妻の自分勝手な採集DAY。自分は家族サービス採集DAY。ここの磯は年に2度行ってみたいと勝手に思っている磯で、今年その1回目。

 ダイ妻は今年初の採集で、少し緊張しているのか、ドボンするもえらくゆったりとした動き。波打ち際をゆっくり進むのでナルに発見され、それを追いかけナルもドボン。立派!

 で、ダイ妻の採集の結果は、群れているナミチョウは網に入れたくなかったと、面白い観点で採集し、単独で泳いでいたナミチョウを網に入れたのと、胸鰭に寄生虫がついていてかわいそうだったと、トゲチョウを採集。自分は、ナルのために、ナミチョウと今日もいた!とアケボノを採集して終了。

 ナルはイケスの魚がお気に入り&ヤドカリは苦手なことが判明。

 

 チョウはあまり多くない場所だと思うけど、チョウが流れ着いた後に今年もう1回行ってみたいなぁと思いながら、イケスの魚を全てもとの海にお戻り頂いて撤収。

 

 そういえば、海水温は温泉のようだった。

 

  採取された魚  ※かっこ内は採取した人   

 

 

 ナミチョウ(ダイ・ダイ妻)

 トゲチョウ(ダイ妻)

 アケボノ(ダイ)

 

今日のイケス

20090816-2.jpg

 

まだまだ金色が残るトゲチョウ

20090816-3.jpg 

 

今日も磯でアケボノ

20090816-1.jpg

 

  見かけた魚のうち、特に気になった魚 

 

<磯>

 特になし 

 

 

Yahoo!検索

dot_gray1.gif

 

 

 

 2009年8月15日 ずっと晴れだった

磯採集

ナベ ダイ

 

  長潮   5時15分(40cm) 21時50分(13cm) 

 

 今年3回目 今日は華が咲くか!?・・・ようやく房総5種達成!

 

 先週末はナベ氏も自分の親戚サービスで、海には来ていたものの採集どころではなかった。そんな中、ナベ氏はキヘリモンガラを、網に入れたとのこと。

 で、今週は「もうそろそろイケスにチョウの華が咲くだろう」と、お互い期待しながらの採集だった。

潜ってみると、7月末とは違い、ナミチョウはワラワラ数え切れないくらい数は増えていた!!これは期待できるかも!!と採集を続けるけれど、その他の種類はいない。そんな中、ようやくトゲチョウを発見!!毎年のことだけれど、シーズン始まって初めて見るトゲチョウには感動するなぁ〜。美しい!!今年の初トゲチョウはオレンジが鮮やか!!幸せな気持ちになった。それで、採集を続けると、アケボノ発見!!これも毎年のことながら、黄色が美しい!!感動だなぁ〜。結局、自分はこの種類まで。

 ナベ氏は、「そういえば、この溝にはチョウハンがよくいるんだなぁ〜・・・・いたっ!!」と、チョウハンをゲット!!他にフウライをゲットして、2人で房総5種達成!!

 

 ようやくナミチョウは数えきれないほど見られるようになったけれど、その他の種類はまだまだ数えられる程度。ナミチョウ以外の見かけたチョウがイケスにいるチョウって感じ。「華が咲く」とは言えなかったなぁ。今回の採集魚のうち、ナミチョウ・フウライ・アケボノは2005年(?)に採集した子達が★になったため、1種1匹制度を順守してのお持ち帰り。あとは、海にお戻り頂きました。

 

 そういえば、テングハギが多かった(ナベ氏談)。

 

  採取された魚  ※かっこ内は採取した人   

 

 

 ナミチョウ(ダイ)

 フウライ(ナベ氏)

 トゲチョウ(ダイ)

 チョウハン(ナベ氏)

 アケボノ(ダイ)

 

今日のイケス

20090815-6.jpg

 

ナミトゲフライチョウハンアケボノ

20090815-1.JPG

20090815-3.JPG

20090815-2.JPG

20090815-4.JPG

20090815-5.JPG

  見かけた魚のうち、特に気になった魚 

 

<磯>

 特になし 

 

 

Yahoo!検索

dot_gray1.gif

 

 

 

 2009年8月2日 曇りで途中雨がザンザン降ってきて後で晴れた

磯採集

ナベ ダイ

 

  中潮  0時10分(130cm) 8時30分(35cm) 16時15分(130cm) 20時35分(110cm)

 

 今年2回目 今日も張り切って、2年ぶりの磯!!

 

 2008年は、いろんな都合により今日の磯には来ることはできず、2年ぶりの磯だった。スロースタートの今年だけれど、この磯はどうかなぁ・・・と潜ってみた。やはりこの磯もスロースタートで、チョウはここにもいないなぁ・・・とじっくりくまなく探していたら、タカラガイの貝殻の下に鮮やかな足が!!

もしや、ベニワモンヤドカリでは?と貝殻を採って中を覗いても何も見えず。うーん・・・カラッポかなぁ・・・見間違いだったかなぁ・・・と思いながらも自分を信じて携帯イケスにコロッと入れて採集を続けた。次は、オッ!!ハコフグ?ミナミハコフグ?の幼魚を発見し、かわいいのでとりあえずキープ。その後、チョウを探すもチョウは現れず、現れたのは金色に輝くクラカケモンガラ!!いつものように穴に逃げ込まれるが、対処法はいつもと同じ。穴の手前で網を構えて出てこないようなら優しく少しツンツン。観念したようで、穴から出てきて難なく採集。以前、金色のムラサメモンガラ「金ちゃん」を採集したことがあったので、「キンキン」と勝手に名づけた。

 で、ベニワモンヤドカリかどうかについての判定は、イケスに入れた貝殻を、ナベ氏とお互い動かず息をひそめてじっくり見ていて、「アカ」いや「アカアシ」・「シロ」いや「白い背中」だと分かり、祝!!ベニワモンヤドカリだと確定した。

 結局、チョウはナミチョウをみただけで他の種類は見なかった。ナベ氏はナミチョウとフウライを見ただけで網を構えることはなかったよう。

 

 今日は、チョウは全然パッとしなかったけれど、前々から探していたレアもの!!ベニワモンヤドカリと、金色に輝くクラカケモンガラを採集できてよかった。2004年ここで発見して、ずっと探し続けていただけに非常に嬉かった。ナベ氏もこの磯に来ると、探す生き物の1つだったそう。お先に頂きました。

  

 そういえば、以前はあまり見なかったマガキガイが、大発生していた。

 

  採取された魚  ※かっこ内は採取した人   

 

 

 祝!!ベニワモンヤドカリ(ダイ)

 金色に輝くクラカケモンガラ(ダイ)

 ハコフグの幼魚(ダイ)

祝!ベニワモンヤドカリ!

 

20090802-1.JPG

 

金色のクラカケモンガラ

20090802-2.jpg

 

ハコフグの幼魚のよう。

20090802-3.JPG

  見かけた魚のうち、特に気になった魚 

 

<磯>

 マガキガイ大発生 

 

 

Yahoo!検索

dot_gray1.gif

 

 

 2009年7月26日曇りでたまーに太陽が出た

磯採集

ナベ ダイ

 

  中潮  1時5分(65cm) 7時00分(145cm) 13時25分(35cm) 19時45分(150cm)

 

 今年1回目 張り切っての初採集!!だったのに・・・・

 

 2007年は7月末の時期で「ナミチョウ、トゲチョウ、フウライ、チョウハンにゴマチョウまで!!」という状況だった。昨年2008年はスロースタートで「特にいなかった」という状況だった。今年は・・・・昨年と同じく「今年もスロースタート」だった。2人とも新しいフィンを買って意気込みは十分だったけれど、流れてくるチョウ達の運命をこちら側によせることができなかった。

 

 潜って一言「冷たいっ!!」非常に水温が低かった。ナベ氏は「何分潜れるかなぁ」と感じたよう。

冷たい水温の中、ナベ氏は、ゴマチョウが採れた場所4ケ所をすべて見たけれど、レアチョウの姿はいなかったと。(さすがよく覚えてらっしゃる)チョウの姿はナミチョウを4匹見ただけと。

 自分は毎年のことながら、「えっと、ここはどこだっけ、ここを進むと・・・」と頭の中の岩棚や通路の位置をもう一度書き直しながら、ナミチョウ4匹とフウライ1匹を発見。網さばきのリハビリのために、ナミチョウとフウライを1匹ずつ採集した。(2匹とも飼える大きさになっていないので、写真撮影をして海にお帰り頂いた)

 初採集の今日は、今までの採集データ、魚知識、採集の準備等のリハビリで終始終了。潜った時間も1時間ほどだった。

 

 今年も採集ができるシーズンが始まって採集ができる状況にあることと、今年も流れ着いてくれる魚達がいることに感謝、感謝。

 

 そういえば、ニザダイの幼魚が多かった。

 

  採取された魚  ※かっこ内は採取した人   

 

 

 ナミチョウ(ダイ)

 フウライ(ダイ)

 

今年初!極小フウライ

20090726-1.jpg

 

ケースの水滴は、水が冷たいから付着

(ナベ氏談)

20090726-2.jpg

  見かけた魚のうち、特に気になった魚 

 

<磯>

 特になし 

 

  

 

Yahoo!検索

 


2007年採集日記  2008年採集日記  2009年採集日記  2010年採集日記  2011年採集日記

TOP > 2009年採集日記