2007年採集日記  2008年採集日記  2009年採集日記  2010年採集日記  2011年採集日記

TOP > 2010年採集日記


   

    

     〜 2010年 採 集 日 記 

 

 

 

 2010年10月下旬 今日は曇り

ナベ ダイ マサ シッタン イト家

 

  大潮   5時20分(145cm)  10時55分(75cm) 16時30分(150cm) 23時15分(10cm)

 

 今年17回目 念願の房総スダレチョウを採集!

 

 当たり年の恩恵に感謝。I師匠を始め、皆様のご協力に感謝しております。

 ナベとダイの共同作業により、念願の房総スダレチョウを採集することができました。ありがとうございました。

 勝手ながら、細かい状況につきましては、心の中に刻みこまれていて、忘れることはなさそうなので、備忘録に記載することもないと思い、記載は控えておきます。

  採集された魚  ※かっこ内は採集した人   

 

 

 ・房総スダレチョウ(ナベダイ)

 ・トゲ

 ・サザナミヤッコ

祝!房総スダレチョウ!

201009-36.jpg

イケスの中のスダレチョウ

 PA0_0063.JPG

  見かけた魚のうち、特に気になった魚   

 

<磯>

 ・特になし

 

 

Yahoo!検索

dot_gray1.gif 

 

 2010年10月中旬 今日は曇り

ナベ ダイ マサ トカ シッタン

 

  長潮   6時30分(60cm)  13時40分(125cm) 19時35分(90cm)

 

 今年16回目 クリアクリーナーシュリンプが一番レア!

 

 今年は、当たり年の恩恵を受け、またしてもうれしい結果!

 採れたのは初もの!!クリアクリーナーシュリンプ!ナベが採集。うつぼの鼻の上に止っていたのを採集したとのこと。そこまで確認しているナベ氏は凄い!それを採ろうとしたのも凄い!

 他に採れたのは、クマノミ!発見したのはマサとシッタンで、救援を受けてダイの網に入れさせて頂きました。また、シッタンがミゾレチョウを発見したけれど、これまたダイの網に入れさせて頂きました。トカがミゾレチョウを発見したけれど採集できず(だったかな?)。ベニカエルアンコウをダイが採集(撮影後海にお戻りに)。サザナミヤッコは皆が見て採ってすべて海にお戻り頂いた。

 というわけで、一番レアなのはクリアクリーナーシュリンプ!とても上品なお姿で、気品があるなぁ。この名前は和名でよいのでしょうか?もっと上品な日本の名前をつけてあげたいですな。ちなみに、ダイが少し遅刻して、ナベとトカがペアで、ダイ、マサ、シッタンがトリオでの団体採集。

 VIVA当たり年!!その後・・・・。

  採集された魚  ※かっこ内は採集した人   

 

 

 ・初!クリアクリーナーシュリンプ(ナベ)

 ・今年初!クマノミ(ダイ)

 ・ミゾレチョウ

 ・サザナミヤッコ

 ・ベニカエルアンコウ(ダイ)

 

祝!クリアクリーナーシュリンプ!

凄い上品。もっと上品な和名をつけてあげてください。

 

やっぱりかわいいクマノミ

 網に入るまでは、結構大変だったクマノミ

 

ベニカエルアンコウ〜

見つけてしまえばこっちのものベニー

  見かけた魚のうち、特に気になった魚   

 

<磯>

 ・特になし

 

 

Yahoo!検索

dot_gray1.gif

 

 2010年10月中旬 今日は曇り

ナベ ダイ家 イト家

 

  小潮   5時00分(60cm)  13時5分(120cm) 18時20分(105cm) 22時55分(115cm)

 

 今年15回目 ナベとダイで ミゾレチョウ2採集!

 

 今年は、当たり年ということで、10月に入っても子供も一緒のワイワイガヤガヤ採集。というわけで、みんなでドボン。

 前回のワイワイガヤガヤ採集とは違い、だいぶん寒くなって、魚もそんなに多くない。

そんな中、ナベ氏は、頑張ってキンギョハナダイを採集。自分は初のミゾレチョウを採集!

今まではビュンビュン走り回る個体だったのに、今回は、棚の下にスーッと入っていくのを、遠くから発見!出口は片方しかなかったので、追い出してすんなりと網に入ってくれた。

よっしゃ!!そして、ナベ氏もミゾレチョウを追加して、ミゾレチョウのダブル

 イト家は、魚影が薄くなったのにも関わらず、あれやこれや楽しく採集して、イケスもワイワイガヤガヤになった。

 寒くなったけれど、楽しい採集をありがとうでした。次は当たり年に期待して、通常では採れないレアものを!!それにしても、イト家が採集したキュウセンがこんなにきれいだとは知らなったなぁ。

  採集された魚  ※かっこ内は採集した人   

 

 

 ・ミゾレチョウ(ナベ&ダイ)

 ・キンギョハナダイ(ナベ)

 ・アケボノ

 ・モンツキハギ(ダイ)

 ・キュウセン(イト家)

 

ミゾレチョウダブル!

ミゾレがダブル!

 

結構、多きめキンギョハナダイ

きれいだなぁ、キンギョハナダイ

 

こんなにきれいだったキュウセン

こんなに美しかったキュウセン

  見かけた魚のうち、特に気になった魚   

 

<磯>

 ・特になし

 

 

Yahoo!検索

dot_gray1.gif

 

 2010年10月中旬 今日は曇り

ナベ ダイ マサ トカ シッタン

 

  中潮   00時5分(10cm)  6時55分(145cm) 12時10分(85cm) 17時40分(155cm)

 

 今年14回目 ようやく再会 シラコダイ!ダイ採集!

 

 今日は、若干海が荒れていたので、場所を考え今年初めての磯へ。潮が引き始めてから皆でドボン。

 潮も濁っていたのでなかなか魚が見つからず。そもそもチョウは少ない磯だったので、ナベ氏はベラDAYということで、クギベラなどを採集。自分は潮がよく引いた頃に、シマハギに遊ばれながら、潮が引いた通路に行くと、小さい穴に波に翻弄されている茶色の魚を発見!!「シラコダイ!」大きさも小さいので、採れないことはないだろうと気持ちを落ち着かせながら戦闘モードへ。というのもシラコダイに会ったのは、ダイ妻が発見した2006年。その時は深場に逃げ込まれで惨敗。採集したのは、採集を始めて間もない20003年。採集すれば7年ぶり!ようやく会えたシラコダイは逃げ回ることなく、すんなり網へ!よっしゃ!!

 ようやく会えたよぅ〜と思いながら、基地へ戻るも誰もいない。まずは、いけすに7年ぶりの友を入れて再会をうれしんでいると、遠くからマサの救援を求める声が。なになになにと、喜んで救援へ。

 場所につくと、サザナミヤッコが小さい穴にいるけれど、道具がなくて手出しができないとのこと。のぞいてみると、小さい穴にふわりといた。この場合は、こうすればヤッコさんはこう動くと思うよ、と伝えると、その通りで網にイン!マサは初めてのサザではなく、2007年採集デビューの時に採集して以来の再会。いそうな場所が分かってからの、予定通りの採集でうれしかったよう。毎年の着実な採集が力になっているねぇ。

 で、基地の戻ると、ナベ氏とシッタンからイケスのシラコダイの祝辞を、マサの携帯イケスを確認して祝辞をそれぞれ頂きました。ありがとう。もう1人の祝辞・・トカは・・・・、ナベ氏が「あそこで1時間くらい格闘しているよ。」と。救援に行ったけれど、じっと動かないで見ていると体が冷えてきてダメだったとのこと。まもなくトカがガタガタ震えながら休憩にやってきて、祝辞を頂いた後、何がいたのと聞くと「ニセフウ?」とのこと。それじゃあ、頑張らないと!ということで、休憩後、皆で確認に。

 現地は、海の中に縦に割れた大きな岩があって、その間からちらほら出てきているとのこと。竪穴は深くて、どこまで続いているか分からない。結構、厳しい。チームワークで戦える状況でもないし・・。まず、確認しなきゃということで、じっと動かず上で見ていると、ちらほら出てくる白色と黄色の魚・・・「ん?トゲ?」1回のチラ見では判断できないので、数回の確認後、「トゲチョウ」と確認。大きさも同じことを確認。濁りもひどい中、チョウもほとんどいない中、よく見つけられたなぁ。自分は同じところを見ていて見つけられなかった・・。体力の限界まで辛抱強く頑張ったなぁ。

 

 今回は再会を楽しんだ採集。当たり年だけあって、うれしい採集が続くなぁ。

  採集された魚  ※かっこ内は採集した人   

 

 

 ・シラコダイ!(ダイ)

 ・サザナミヤッコ(マサ)

 ・クギベラ(ナベ)

 ・セナスジベラ

 

再会!シラコダイ

ツッパリ(死語)?みたいなシラコダイ

結構、小さな個体

小さくてもしっかり餌付いたシラコダイ

 

色がきれいなクギベラ

蛍光グリーンのクギベラ

  見かけた魚のうち、特に気になった魚   

 

<磯>

 ・特になし

 

 

Yahoo!検索

dot_gray1.gif

 

 2010年10月上旬 今日は曇り

ナベ ダイ I師匠

 

  長潮   4時50分(45cm)  13時25分(125cm) 17時35分(115cm) 22時10分(125cm)

 

 今年13回目 やっとダイの初ゴマチョウI師匠も採集!

 

 今日は、心機一転とういこうとで、ナベ氏、ダイ、I師匠と採集へ。I師匠とは、何度もお会いしながらも、時間を打ち合わせての採集は初。そしてドボン。 

 今日は何故だか遠くまでよく見える。何故かと思えば、今日は曇り空。晴れると暖かくていいんだけど、太陽の光が海に漂う小さなものや微生物にきらきら反射して、よく見えない。今日は、もしかして!とちょいと気持ちが上がり、いつもより丁寧に魚を探す。そしたら、岩の隙間からうす黄色い魚がビュン!と飛び出た!「いた!ゴマチョウだ!しかも大きい!」ナベ氏が採った、いけすの中でお勤め状態のゴマチョウはよく見ていたけれど、海でフリーのゴマチョウは2002年に見て以来か!?高鳴る鼓動を抑えつつ、ゴマチョウを追うと、隠れる場所の少ない岩の切れ目に入った。近くに隠れ場所はないので、動くに動けなさそう。これは、いけるかも!と慎重に網を進め、足元を抜かれないように気をつけながら追い出すと、網へビュン!と入った!!すばっしっこいから、どうなるかと思われたけど、よっしゃ!!

 ゴマチョウを採集して、気持ちも落ち着き心に余裕がでてきて、曇り空で魚もよく見えたので、しばし魚観察。観察した魚はヒラメの幼魚。頭をあげておやびっちゃやらの小魚を目で追っているヒラメの幼魚がいた。頃合いを見計らってバクッと飛びついた。さすがに動きが早くて食べられたのかどうかわからなかったが、いいものが見えた。あと、ウツボが棚に沿って泳いでいたんだけど、自分(人)の姿を気にしすぎて、棚の中にいたタコに気づかず通り過ぎていった。ウツボさん、ごめんねぇ。前にみて泳いでいたら、タコを発見できたはずなのにね。棚の前にタコが食べたあとの貝殻がたくさん落ちていたので、それを目当てに探してね、と思って自分もタコはスルー。

 ナベ氏と合流したら、「ミゾレチョウがいたよ!」と!!今日、ミゾレを採集すれば、1日レア2種という快挙は例がないかも・・。と、ワクワクして探しに行くと、いた!!「ミゾレ」。すばっしっこく逃げ回るのは2003年に見たときに知っているので、どうなるか少し追いかけてみた。そしたら、「ビューンビューンビュンビュンビュンビュングルグルグルグル・ピュ!!

岩の間をビューンと進んで、岩の影をビュンビュン走り、気づいたら大きな岩の隙間をグルグル回って、ピュともの凄い速さでどこかに行ってしまった。昨年のここで見た記憶があるが、同じように手出しできなくて断念したので、今年も深追いしないとナベ氏と決めて、2匹目のレアはここで断念。

 その後、I師匠とも合流し採集。I師匠もゴマチョウを採集していた。あと、ツノダシも採集してた。さすがです!

 結局、自分はアカニジ(イナズマ)ベラ?とカノコベラツノダシを採集して終了。ナベ氏は、カマスベラを採集してた。

 

 1日2種のレア採集はかなわなかったけれど、今年はほんと当たり年なので、期待大!

これを書いているのは2011年7月なので、今後の結果は知っているんだけど・・・(笑)

 

※追加 アカニジベラかと思っていた魚は、イナズマベラっぽい。12月に潜ったときに、アカニジと思っていた魚が多くいたところに、成長した個体が多く、それを採集してみるとイナズマベラぽっかたので・・・。

  採集された魚  ※かっこ内は採集した人   

 

 

 ・ダイの初ものゴマチョウ

 ・ツノダシ(T師匠・ダイ)

 ・カマスベラ(ナベ)

 ・アカニジ(イナズマ)ベラ

 ・カノコベラ

手からはみ出る巨大ゴマチョウ!(子供の手)

 巨大ゴマチョウ!!(笑)

 

手からはみ出るカマスベラ

お久しぶりのカマスベラ

 

  見かけた魚のうち、特に気になった魚   

 

<磯>

 ・ミゾレチョウ

 

 

Yahoo!検索

dot_gray1.gif

 

 2010年10月上旬 よく晴れた

ナベ ダイ

 

  長潮   4時50分(45cm)  13時25分(125cm) 17時35分(115cm) 22時10分(125cm)

 

 今年12回目 雪辱ならずも、イレズミハゼ採集

 

 今日は、前回のナメラヤッコとの雪辱戦のために、ドボンドボン。

 向かうはナメラヤッコの場所だが・・・・見当たらない。台風や波の影響なのかどこかに行ってしまったよう。残念。雪辱ならず・・・。房総で見るのは、初めての種類だったのでガッカリしながら、気持ちを入れ替えてお互いに採集。

 そうしているたら、ナベ氏がツキチョウを発見!!自分もナベ氏が追いこんでいるところを見て、あの状態だとまもなく網に入るだろう・・・と思っていいたら、逃げ込んだところの穴が意外と奥深く、やっかいな隙間、穴、通路があり、手も足も網も棒も出せない状態に。

 穴からでてくるまでの時間つぶしに、ワラワラみるサザナミヤッコを観察。網はあまり出さないようにスルー。 そして自分は、今日はかなり見たけれど、ほかでは全く見たことのないハゼを採集。「他のところでは見たことがないけれど、ここで初めて見たよね。」と、ナベ氏も同じとのこと。

 そうして時間をつぶすも、ツキチョウの姿は見ることなく、結局、今日だけよく見たハゼをお持ち帰りして終了。ハゼはイレズミハゼと判明した。ナベ氏は極小ブチススキベラを採集してた。1cmあるかないかなのに、よく見つけられるなぁ。

 

 ナメラの雪辱戦にはならず、残念。次、会えるのはいつになるんかなぁ・・。

  採集された魚  ※かっこ内は採集した人   

 

 

 ・イレズミハゼ(ダイ)

 ・極小ブチススキベラ(ナベ)

 ・サザナミヤッコ

今日はよく見た。初もの!イレズミハゼ

結構レアかも イレズミハゼ

 

この口のとおり、なんでもよく食べる。

 

極小ブチススキベラ(1cm弱)

ちっちゃ!ブチススキベラ

  見かけた魚のうち、特に気になった魚   

 

<磯>

 ・ツキチョウ

 

 

Yahoo!検索

dot_gray1.gif

 

 2010年9月下旬 よく晴れた

ナベ ダイ家 イト家

 

  大潮   4時50分(145cm)  10時25分(50cm) 16時35分(150cm) 22時40分(40cm)

 

 今年10回目 ナベ氏 タレクチベラ採集

 今年11回目 ダイ家、イト家でワイワイガヤガヤ採集

 

 今日は、ナベがソロ活動し、ダイ家とイト家はワイワイガヤガヤ採集という、ダブルヘッダー(?)。

 ナベ氏の方は、今年初の場所へドボン。数は多くないけれど、結構、珍しい種類がいたりする場所で、またしてもGETとの情報!タレクチベラ!!このベラは房総ではほんとに見ない。以前見たのは・・・えっと2006年かぁ。やっぱり、今年は当たり年だわ。ちなみに、トリッキーな動きもあって、見つけれても網に入れられるところも素晴らしい!

 また、ナメラヤッコを発見し格闘したが、残念ながら惨敗・・・。とのこと。なめらかに動くから?なめらかなウロコだから?だとしたらナメラカヤッコ?(笑)

 

 一方、ダイの方は、かなりの実力のある場所。今年は、当たり年ということもあって、かなり数が多い。潜ればあちこちに魚を見かけ、文字どおり、あれがいたこれがいたというワイワイガヤガヤと楽しい採集。採集デビューのイト妻もイト氏の指導のもと、しっかりと採集できたよう。そんなガヤガヤした中で、1日で房総6種も達成し、I師匠とも会うことができ、充実した採集になりました。皆様、ありがとうございました。

 そんな中、ダイ妻がしっかりと種類不明な「V」の入れ墨のあるカニを採集してた。

次回、ナメラの雪辱戦ですな!

  採集された魚  ※かっこ内は採集した人   

 

 

 ・タレクチベラ(ナベ)

 ・ナミ

 ・トゲ

 ・フウライ

 ・チョウハン

 ・アケボノ

 ・セグロ

 ・種類不明な「V」カニ(ダイ妻)

種類不明な「V」カニ。泳げるカニだった。

「V」としっかりと刻まれたカニ

 

2009年南紀産 ナメラヤッコ

201009-18.jpg

  見かけた魚のうち、特に気になった魚   

 

<磯>

 ・ナメラヤッコ

 

 

Yahoo!検索

dot_gray1.gif

 

 2010年9月下旬 よく晴れた

ダイ マサ トカ シッタン

 

  中潮   2時15分(130cm)  9時00分(45cm) 15時35分(140cm) 20時20分(75cm)

 

 今年9回目 ようやく ダイの初 ニセフウ

 

 今日も晴れ。ナベはお休みとういうことで、今年初のお久しぶりのメンツにて採集。

 今年、初の場所。毎年なんやらかんやら珍しいものが出ている磯なので、期待しつつドボンドボンドボンドボン・・・となるはずだったのに、ダイがフライング(汗)。基地に荷物をおこうと移動している採集に、見てしまった!!ニセフウ!荷物そっちのけで、戦いを挑むも、なかなか網に入れられず。それもそのはず、2008年に惨敗して以来の対面だったので心臓はバクバクであせっているのに、網や水中メガネなどの装備は戦闘モードになっていない。網以外の荷物は波にのってゆらゆらどこかに行きそうだけど、ニセフウから目が離せない。そんな自分を見かねたマサが、「なんかいたの?」と優しく声をかけてくれた。その声で、ようやく落ち着いて、ひとまず休戦。

 その後、皆で装備をして、ようやくドボンドボンドボンドボン。自分はさっきみたニセフウのもとに直行。気持ちも装備の準備できていたけど、さすがのニセフウ。結構、苦労してようやく網に入れることができた!そんなに大きくないのにニセフウはかなり手ごわい。狭いところに入ったら、なかなか出てこない。飼ってみて分かったけれど、臆病な個体はかなり臆病で、小さな隙間にはりついて出てこないことが多々。この個体は、人工餌には餌付いたけれど、採集後10ケ月経過した今でも、隠れることが多くてなかなか出てこない。

 自分は、ニセフウを採集し終了。マサは、可愛くてつい採集してしまったハコフグ。(皮膚から毒でるようなので、気をつけなきゃ)トカ、シッタンは順調に経験を積んでおりました。

 

 お持ち帰りは、ニセフウと種類不明のブダイのみ。ブダイはよく見るけれど、どのブダイが何のブダイなのか分かってない・・・。あとは、海にお戻り頂きました。

  採集された魚  ※かっこ内は採集した人   

 

 

 ・ニセフウライ(ダイの初もの)

 ・ナミ

 ・トゲ

 ・フウライ

 ・ハコフグ

 ・ホンソメワケベラ

 ・ヨメヒメジ(撮影用ダイ) 

 ・種類不明ブダイ(ダイ)

 ・種類不明甲イカ

ダイの初!ニセフウ!丸いなぁ。ダイの初もの!ニセフウ!

 

あんまり見ないヨメヒメジ。初もの!

ヨメヒメジはあんまり見ない。

 

このブダイは何だろう。

大きくなったら何になる?

 

みんなの好きな種類不明 甲イカ

いつも岩の下に隠れてるみんなが好きなイカ

  見かけた魚のうち、特に気になった魚   

 

<磯>

 ・特になし

 

 

Yahoo!検索

dot_gray1.gif

 

 2010年9月中旬 よく晴れた

ナベ

 

  中潮   1時10分(125cm)  8時20分(50cm) 15時20分(130cm) 20時50分(90cm)

 

 今年8回目 またしてもナベ氏 ゴマ&ニセフウ!!

 

 今日も晴れ。諸事情により、ダイは神輿を担ぎに行ったので、ナベのソロ活動。

 いつもの場所ということでだったけれど、何かとんでもないものを採集しそうな雰囲気があり、ドキドキしながらも秋の収穫に感謝しながら神輿をかついで、ナベ氏の報告を待つ。

 先々週に引き続きゴマチョウニセフウの採集!!さすがです!ニセフウは2005年に2匹採集されただけだったのに、今年はもう2匹!今後を期待して間違いなかった(2011年7月にナベ氏のありがたいメモを見ながら思い出しながら書いてます・・・汗)ゴマチョウは、ダイ水槽に里子にやってきて、2011年7月に計画進行中のナベの新メイン水槽にお戻りになる予定。

 また、サザナミヤッコも採集。(2002年にお会いしてご教授頂いて、それから何度となくお会いしておりましたI師匠のもとに里子へ)

 

 ダイの収穫を願う神輿担ぎは無事に終わり、次は豊作を願う2011年の採集であった。

  採集された魚  ※かっこ内は採集した人   

 

 

 ・ゴマチョウ(ナベ)

 ・ニセフウライ(ナベ)

 ・サザナミヤッコ(ナベ) 

うちに来た時のゴマチョウ

ダイのうちに来た時のゴマチョウ

  見かけた魚のうち、特に気になった魚   

 

<磯>

 ・特になし

 

 

Yahoo!検索

dot_gray1.gif

     

 

 2010年9月中旬 よく晴れた

ダイ

 

  若潮   7時30分(50cm)  15時5分(125cm) 20時15分(100cm)

 

 今年7回目 地味だね!初!ツマリテングハギコンゴウフグ

 

 今日も晴れ。諸事情により、久しぶりの自分のソロ活動。

 先日、トノサマダイを逃した堤防を冷やかしに見た後、いないことを確認し、磯へドボン。

 今日は何に出会えるかなぁ・・・と、探索をするが、レアチョウに出会うことができず。そんな中、昨年、格闘はしたが結局網に入らなかった「ツマリテングハギ」を発見!!良く出会うヒメテングハギでもなく、普通のテングハギでもない!!昨年苦労したから、気合入れなきゃ!と思って追いかけていたら、棚にスッーと隠れた。改良した網を手に追い出すと、難なく網の中へ!!飼えるかどうか分からないけれど、とりあえず、撮影用に採集。その後、久しぶりに出会ったなぁと「モンツキハギ」を追いかけた。これまた棚にスッーと隠れ、改良した網で難なく網の中へ!この改良網はハギの仲間に強いのかなぁ・・・そういえば、先日のサクッと採れたツノダシも同じ網。それだ!

 で、ウロウロしてたら、海藻の周りをワフフワ漂う黄色い塊。丸い玉でなく、角が4本出てる!「コンゴウフグ?」ということで、網の中へ。初めて見る魚だったので、その場で写真を撮って図鑑を枕にして寝ている(?)ダイ妻に鑑定を頼んだ。「ウミスズメでもシマウミスズメでもなさそうで、コンゴウフグかと思われますが、お持ち帰り後の鑑定で」と、お持ち帰りの許可込みの返答。で、コンゴウフグと確定。ちょいと嬉しい初ものでした。

 その後、もう1匹もっと小さなコンゴウフグ、大きな岩の下にいたハタタテダイ、キヘリモンガラとクラカケモンガラを採集して終了。セグロチョウチョウウオが深い所にいたけれど、手も網も出なかった。

 お持ち帰りの許可がでたコンゴウフグの他に、ツマリテングハギ、モンツキハギとハタタテダイにお持ち帰り許可がおりますか?とダイ妻に尋ねると、「モンツキハギは黄色できれいだから許可。ツマリテングハギは、角が伸びないテングハギモドキの恐れがあるので不許可、ハタタテダイはツノダシがいればいらない。小さいコンゴウフグは海にお戻りで」という、厳しくやさしい返答。おとなしく従うことにして、モンツキハギのみお持ち帰りで、後は、撮影後、海にお戻り頂きました。

 

 角はかなり伸びるのに、なぜ「ツマリテングハギ」?「ツマリ」とは?という議論あり。ナベ氏との間のでは、「角の密度がもの凄くつまっているんじゃないの?テングハギのる角はカスカスなんだろう」と推測されました(笑)

  採集された魚  ※かっこ内は採集した人   

 

 

 ・初!ツマリテングハギ!(ダイ)

 ・初!コンゴウフグ!(ダイ)

 ・モンツキハギ(ダイ)

 ・ハタタテダイ(ダイ)

 ・キヘリモンガラ(ダイ)

 ・クラカケモンガラ(ダイ)

 

祝!ツマリテングハギ!目が可愛い!

角がつまるハズのツマリテングハギ 

 

初!コンゴウフグ!

 コンゴウフグ

 

ななめからコンゴウフグ。

ななめからコンゴウフグ

 

黄色が美しいモンツキハギ

黄色が美しいモンツキハギ

 

今日のイケス

今日のイケス

  見かけた魚のうち、特に気になった魚   

 

<磯>

 ・セグロチョウチョウウオ

 

 

Yahoo!検索

dot_gray1.gif

     

 

 2010年9月中旬 よく晴れた

堤防・磯

ナベ  ダイ

 

  中潮   6時10分(160cm)  12時5分(55cm) 18時00分(165cm)

 

 今年6回目 堤防でトノサマダイ発見!磯でカンムリベラカミソリウオ

 

 今日も晴れ。トノサマダイの情報、ありがとうございます。自分らも、それにあやかろうと思い、「午前中にトノサマダイ採集」の予定をたてて、早朝の堤防で集合。

 ナベ氏は予定通り到着し、一回りしてセグロ、ツノダシ、ハタタテを発見するもスルー。自分は、やや遅れて到着し、別なところでセグロ、ツノダシを発見しスルー。目的外の魚ということでスルーという理由もあるけれど、網を入れても採れる気がしないのでスルー。トノサマいなかったかぁ・・・予定外だなぁと思っていたときに、発見!!トノサマダイ!!予定通り!!かなり小さいのにトノサマダイとはっきり分かる。

 というわけで、ナベ氏と共同して慣れない堤防網を入れるもうまくいかない。見失っては見つけて網を入れるを繰り返していたら、「こうやれば、採れる」という8割方採集できたという達成感が生まれ、ここで堤防採集終了。実際に採れたわけではなく、採れたつもりの例外の扱いで一応予定通りということにし、磯へ移動。つまりはトノサマダイに完敗です。

 で、慣れた磯では「レアモノの採集」の予定をたてて、ドボン。

 自分が、久しぶりに見ると美しいなぁ・・とメガネスズメダイを採集している時にナベ氏はレアモノ!初もの!カンムリベラを採集してた!いやぁ〜美しい!こんな魚が房総にいるんだぁと房総の偉大さに感激。また、ナベ氏は、レアモノ!初もの!カミソリウオを採集してた。いやぁ〜こんな姿で魚なんだぁと海の偉大さに感激。その他、房総ではほとんど見ないニシキブダイの幼魚ブチススキベラを採集してた。「レアモノの採集」の予定通りでした。

 自分はというと、種類はレアものとは言いづらいけれど、サクッと網に入ったのはレアなツノダシを採集。あと、カミソリウオを見てから海藻がカミソリウオに見える、とナベ氏の言葉があってから、自分も海藻が魚に見える・・・と思っていたときに発見したハナタツ(エンシュウタツ)を採集。あと今年初のクラカケモンガラを採集。一応、予定通りということで・・・・。

 

 目的を持って行動するのは良いことだというのを実感した採集でした。

 それにしても、カミソリウオの形が生き物だと判別できる目を持っているナベ氏は凄い!

 飼えそうにないカミソリウオとハナタツ、飼えないメガネスズメダイとクラカケモンガラは撮影後、海にお戻り頂きました。

  採集された魚  ※かっこ内は採集した人   

 

 

 ・初!カンムリベラ!(ナベ)

 ・初!カミソリウオ!(ナベ)

 ・ニシキブダイの幼魚(ナベ)

 ・ブチススキベラ(ナベ)

 ・ツノダシ(ダイ)

 ・ハナタツ(ダイ)

 ・メガネスズメダイ(ダイ)

 ・クラカケモンガラ(ダイ)

 

祝!カンムリベラ!

美しい!カンムリベラ! 

 

実は透明だった!?

実は透明だった。

 

こんな姿でも魚!祝!カミソリウオ!

 こんな形でも魚。カミソリウオ!

 

これも魚。ハナタツ(エンシュウタツ)

201009-5.jpg

 

サクッと網に入ったことが珍しいツノダシ

ツノダシ

  見かけた魚のうち、特に気になった魚   

 

<堤防>

 ・初!トノサマダイ

 

 

Yahoo!検索

dot_gray1.gif

     

 

 2010年9月上旬 よく晴れた

ダイ  ダイ妻  ナル  マサ  シッタン

 

  中潮   0時30分(130cm) 8時5分(25cm)  15時25分(140cm) 20時35分(100cm)

 

 今年5回目 磯でセグロ採集して、ようやく房総6種達成

 

 今日も良く晴れて、汗ダクダクで採集現場へ行きドボン。

自分とダイ妻は今日も2人で1人採集だけれど、ダイ妻がメイン採集。そのため、汗ダクダクで前回と同じようにHP用の画像を集めてた。ウバウオにイソクズガニを採集して撮影してさよならしてた。あと、ショウジンガニの要望があったので、そちらもパシャリ!

 カニの手のひら撮影は結構苦労した。動きは早いし、こちょこちょ動くし、動かないようにしようとするとハサミ攻撃を受ける・・・・等々、下の画像も足をつまんで固定した隙にパシャリ!

 そうしてたら、ダイ妻、マサ、初採集のシッタンが基地に帰還。あんまりいなかったと。そのため、少し場所を移動して、ダイ妻と交代して再度ドボン。

 チョウは多くないなぁ〜と思いながら、あちこち探すと、いた!!セグロチョウチョウウオ!磯では初の対面!

 堤防で姿はみても、いつもカキ殻に逃げ込まれ採集できず、ナベ氏はアッと言う間に磯でセグロを採集し、2004年に房総6種を達成。ダイ妻にも磯セグロを先に採られ、房総6種を達成を先越され・・・・。磯でセグロを採るから「房総6種達成といえる」とダイ妻に吹き込まれ、堤防を見ることも少なくなり・・・。自分の前にはいつ現れるのか・・・。いつしか自分が房総6種を達成していないことを忘れぎみになり・・・・。そんな悔しい時期を過ごして、ダイ妻が達成してから早4年、ようやく自分の目の前に現れた!

 岩の下に逃げ込んだことを確認。チラホラ姿が見えている。その後ろにはウツボがいる。右に逃げられると海藻の森か。左は起伏があるが大したことはない岩場か。状況を確認。ウツボを恐れず左に追い出してGET!というシュミレーションをして、予定通りに、難なく採集。ナミチョウとかのように、追い出せばスッと出てくる感じではなく、ギリギリまで踏ん張って隠れて、渋りながらいやいや追い出されるように網に入るという感じ。やはり、動きが違いますな。ともあれ、8年越しの房総6種達成!!携帯イケスに入れてから、基地まで一直線!携帯イケスを手にしてまっすぐに!イケスいれてようやく安堵。

 その後、ダイ妻、マサ、シッタンは、再々度ドボン。ダイ妻はいつもお目当てのチョウハンを採集、初のキヘリモンガラを採集。マサは、お目当てのアケボノが採集できなかったけれど、初採集のシッタンにチョウを見せられ、採集援助もできてよし!シッタンは初チョウ採集できてよし!初採集でチョウが採集できるのは素晴らしい!マサの特製網のお陰によるところもあるけれど。

  セグロのみお持ち帰りして、後は撮影後、海にお戻り頂きました。

  採集された魚  ※かっこ内は採集した人   

 

 

 ・ナミ

 ・トゲ

 ・フウライ

 ・チョウハン(ダイ妻)

 ・初!磯でのセグロ(ダイ)

 ・初!キヘリモンガラ(ダイ妻)

 

祝!磯でのセグロチョウ!

房総6種達成のセグロ 

 

要望によりショウジンガニ

要望ショウジンガニ

 

ダイ妻 初のキヘリモンガラ

ダイ妻初のキヘリモンガラ

 

今日の採集イケス

採集イケス

  見かけた魚のうち、特に気になった魚 ※かっこ内は採集した人  

 

<磯>

 ・特になし

 

 

Yahoo!検索

dot_gray1.gif

     

 

 2010年9月上旬 よく晴れた

ナベ  ダイ  ダイ妻  ナル  

 

  若潮   6時55分(35cm) 5 15時分(130cm) 19時40分(115cm)

 

 今年4回目 ナベ氏がゴマチョウ!! 自分は地味に

 

 今日は、ダイ妻がゴマチョウかも・・・と言っていた所にナベ氏は回収に行き、自分とダイ妻は、ダイ妻の要望により、別の場所へ採集に。

 ナベ氏は、最初に見たチョウがゴマチョウだったと、予定通りゴマチョウを採集。ヒタヒタの場所で採集をした、とのこと。「これは幸先がよい!1日でレアチョウが何匹採れるかなぁ・・・」と、ワクワクしたようだけれど、結局、ゴマチョウ1匹回収のみで残念と。

 一方自分らは、2人で1人採集。結構チョウはいるが、レアなものは派遣できず・・・。ダイ妻は、毎回お目当てのチョウハンを採集して、満足と。自分は、ナルと一緒にタイドプールでHPの画像用に、メジナやヘビギンポを採集して撮影してさよならした。あと、オニカマスをタイドプールにて採集!見るのは見ていたけれど、網に入れたのは、実は、初のオニカマス!堤防では良く見かけます。

 

 そういえば、ナベ氏のゴマチョウ回収率は、かなり高い。逃げ足の速いゴマチョウなのに!

  採集された魚  ※かっこ内は採集した人   

 

 

 ・ナミ

 ・トゲ

 ・フウライ

 ・チョウハン

 ・祝!レアもの!ゴマチョウ(ナベ)

 ・初!オニカマス(ダイ・ナル)

 

祝!ゴマチョウ (ナベ氏採集)

ナベ氏採集のゴマチョウ

 

ナルの手でトゲ 

ナルの手でトゲ

 

実は、初!オニカマス!

実は、初のオニカマス

  見かけた魚のうち、特に気になった魚 ※かっこ内は採集した人  

 

<磯>

 ・特になし

 

 

Yahoo!検索

dot_gray1.gif

 

 

 2010年8月29日 よく晴れた

ナベ  ダイ  ダイ妻  ナル  マサ  カズキ  

ハルト  モモカ

 

  中潮   0時35分(45cm) 4時45分(135cm)  12時35分(60cm) 18時40分(145cm)

 

 今年3回目 ワイワイガヤガヤ採集中にナベ氏がニセフウライ!

 

 今日は、8月最後のお休みということで、ワイワイガヤガヤ採集(ナベ氏命名)。マサはワイワイガヤガヤの任務について、採集はなし。というわけで、ナベ氏とダイとダイ妻が主力採集で、カズキとハルトが補助採集、モモカとナルが採集援助。

 ナベ氏と自分(ダイ)で、ぐるっと一回り、その後、ダイ妻も一回り。ナミはボチボチ、トゲとフウライはチラホラ。そんな中、ダイ妻がアケボノ採集!その間、タイドプールで補助採集をしていたカズキが妙なもの、カピカピになった砂利の中に、ブヨブヨした物体を発見!なんだか良くわからなかったけれど、イケスの中に入れてみるとタツナミガイ!だとナベ氏の知識で判明。海の中で、おしりばかり見てスルーしていた生き物だけど、良く見ると非常にかわいいタツナミガイ!カズキのお陰でとてもいい勉強になりました。感謝。ハルトはヤドカリ観察・採集にはまり、モモカはヤドカリ、カニを地道に採集し、ナルは「サカナ」を採ってこいと指揮してた。

 

 お昼を皆でワイワイガヤガヤと食べ、午後の採集がスタート。ナルは相変わらず「おっきい」「サカナ」を採ってこいと指示し、モモカはかわいいお姉さんダイ妻に水鉄砲の指導を受け、カズキとハルトはナベ指導員に採集指導を受けた。その採集指導中にナベ氏はニセフウライを発見!!具体的に採集指導していたカリキュラムを急遽見守り採集に変更し、ちらほら見守りながらニセフウライと格闘し、採集指導中というハンデにも関わらず、5年ぶりのニセフウライを採集!!素晴らしい快挙!!採集指導中であったので、水深は50cm程度。悔しいけれど、見える人には見えるんですな。

 一方、ダイ妻は、ナミチョウを発見し、逃げ込んだ棚をのぞいたら2匹のチョウがこちらを見ていた、3秒後にピューっとものすごい速さで逃げられた、水深も数cmくらいの溝に逃げた、ゴマチョウに違いないけれど、あれを採るのにはどうしたら良いのか、採れる気がしない・・・・・と、珍しく弱気な発言で、それ以上追っかけなかったと。

 

 皆が海を楽しめて、レアチョウも採れ、レアチョウらしきものも見え、タツナミガイの魅力も分かり、カズキとハルトとモモカの成長も見れ、今日はこれで終了となりました。アケボノとニセフウライ以外は撮影後、元の海にお戻りいただきました。

 

 そういえば、ナベ氏が採集したニセフウライを見て、カズキが「これ見たよ。」と。自分も同じ場所を通過しているずなのに見ていない・・。カズキは見てたんだ・・・。

  採集された魚  ※かっこ内は採集した人   

 

 

 ・ナミ

 ・トゲ

 ・フウライ

 ・アケボノ(ダイ妻)

 ・祝!レアもの!ニセフウライ(ナベ)

 ・タツナミガイ(カズキ)

 ・テンジクスズメダイ(カズキ)

 ・ヤドカリ、カニ等(ハルト・モモカ)

祝!ニセフウライ

祝!ニセフウライ! 

 

ナルの手でアケボノ 

ナルの手でアケボノ

 

魅力的な顔のタツナミガイ

かわいいタツナミガイ

 

ワイワイガヤガヤ採集イケス

ワイワイガヤガヤいけす

  見かけた魚のうち、特に気になった魚 ※かっこ内は採集した人  

 

<磯>

 ・特になし

 

 

Yahoo!検索

dot_gray1.gif

 

 

 2010年8月20日 今年はずっと晴れ

ナベ  ナベ妻

 

  若潮   8時5分(40cm)  16時00分(130cm) 20時30分(110cm)

 

 今年2回目 ナベ妻 アケボノ採集で祝!房総5種達成!!

 

 今日は、急遽休みがおれたということで、ナベとナベ妻で正味2時間の採集。

 前回と違うのは、ミヤコキセンがチラホラ出てきた程度で、房総四天王には特に特に変わりなし。ただ、ナベ妻が、アケボノを採集して、念願の房総5種達成!!おめでとう!ちなみに、今年初のアケボノでもありました。

 自分(ダイ)も同じく、房総5種達成までで、最後のセグロチョウチョウウオを採集できていない。どちらが先に、房総6種を達成できるか・・・。負けないように頑張らねば!!

 ちなみに、磯でセグロチョウチョウウオを採集することが、房総6種採集達成することの醍醐味だと勝手に思っているのと、ダイ妻は、磯で採集しないと達成と認めないので、いつになることやら・・・。

 

 ともかく、房総6種達成に向けて、お互いに頑張りましょう!

  採集された魚  ※かっこ内は採集した人   

 

 

 ・アケボノ(ナベ妻)

祝!ナベ妻の初アケボノ!

 ナベ妻の初アケボノ!

 

  見かけた魚のうち、特に気になった魚 ※かっこ内は採集した人   

 

<磯>

 ・特になし

 

 

Yahoo!検索

dot_gray1.gif

 

 

 2010年8月7日 よく晴れた

ナベ  ダイ  ダイ妻  ナル

 

  中潮  0時35分(135cm) 8時25分(20cm)  16時5分(135cm) 20時51分(110cm)

 

 今年初! まだまだ小さかった。

 

 今日は、8月は色々と用事があるけれど、シーズン初潜りをしておかないと、その他の用事が身が入らないというダイの身勝手もあり、朝9時に集合してドボン!

 「ナベ氏には申し訳なかったけれど、昨年は、いい思いをさせてもらいましてありがとう、今年もよろしくたのんます」と、今年の磯に挨拶をしながらの初潜りだったけれど、ボチボチ数はみた。それにしてもサイズが小さい、小さい。ナミは500円玉サイズがちらほらするけれど、ほとんど100円玉以下サイズ。撮影のために、房総チョウ四天王(ナミ・トゲ・フウライ・チョウハン ナベ氏が命名)を採集して終了。早く大きくなれよと、撮影後、全ての魚とエビは、元の海にお戻りいただきました。ちなみに、チョウハンはタイドプールにて採集。

 

 そういえば、昨年の総括をしていなかった・・。それでよしとします。

  採集された魚  ※かっこ内は採集した人   

 

 

 ・ナミ

 ・トゲ

 ・フウライ

 ・チョウハン

 ・初物!フタミゾテッポウエビ(ダイ)

 ・なんだか不明な魚(ダイ)

房総チョウ四天王房総チョウ四天王

 

フタミゾテッポウエビ(右利き?)フタミゾテッポウエビ

 

なんだか不明な魚不明な魚(種類教えてください)

  見かけた魚のうち、特に気になった魚 ※かっこ内は採集した人   

 

<磯>

 ・特になし

 

 

 

Yahoo!検索

 


2007年採集日記  2008年採集日記  2009年採集日記  2010年採集日記  2011年採集日記

TOP > 2010年採集日記